女性の脱毛の原因にも遺伝

主婦Sさん(52)は、午前中に目覚めが恐ろしい。 トンボで起きて枕を見ると、髪が束やくっついているからだ。 30代までは片手でキャッチ難しいほど薄く、多くの頭だったが、今はヘアピンが流れ下るほどだ。 さらに、パーマをしてもよく出ず、数日経つと、すぐにロック解除。

数年前から髪が細​​くなって弱まった。 それでも女性はハゲがない俗説が一本の上になった。 そうして数日前久しぶりに会った友人がSさんの頭の中を見たらビックリ驚い頭頂がフォンハゲ見える心配した。 やっと恐怖が突然私Sさんは、皮膚科を訪れた。

「女はげ」という言葉は不慣れである。 人々は通常、Sさんのように、女性にはハゲがない知っている。 しかし、女性にもはげはある。 最も一般的な原因は、もちろん脱毛だ。 女性が50代を経て頭頂部の薄毛が減り、頭皮が透けて見える脱毛が発生した場合、その原因が何なのか、いくつかの推測をすることになる。 若かったときにパーマや染色をたくさんしたとか、薬を服用して、または子供を産んで、私は後の脱毛がきたと思う。

しかし、女性型脱毛患者のほとんどは、遺伝によるものである。 Sさんはまた、家族歴を調べてみると、父がハゲだった。 脱毛症は、親からの遺伝される。 2つのペアで構成された遺伝子のうち一個は父から、もう1つは、母から引き続き受ける。 両方の親脱毛なら100%脱毛が現れる。

父がはげであり、母が間伐が少ない場合でも、脱毛の症状が現れる。 この時、ハゲの父の脱毛は娘に遺伝され、逆に母親が脱毛なら息子に遺伝される。 ハゲ父の娘が脱毛症を示す場合を女性型脱毛という。

 

女性100人のうち5人が脱毛の患者

韓国の成人男性100人のうち14人、女性は100人のうち5人に脱毛がある。 年を取るほど脱毛症に悩む女性が増える。 30代女性の場合、脱毛患者が100人のうち2人に比べて、70代24人にもなる。

女性型脱毛は、副腎(腎臓の上の小さな内分泌器官)に存在する非常に少量の男性ホルモンが影響を与えて表示される。 男性ホルモンの量が通常よりも多く女性型脱毛がくることも、しかし、男性ホルモンの量は正常だ遺伝的に男性ホルモンによって毛髪成長が抑制される性質を受け継いで受け取る女性型脱毛が発生するものである。 脱毛の原因は、男性型脱毛と似ていると言われている。 しかし、最近、男性とは若干異なる原因が作用するという研究結果もある。

脱毛は、通常、20代から始まる。 重度の場合は、10代の少女でも女性型脱毛が発生する。しかし、数年あるいは数十年に渡って徐々に行われるため、脱毛が若干あるすぐ醜くされることは稀である。 脱毛がひどくなり、突然、髪の毛が抜けるよりは育たないんじゃないか悩みに、脱毛は時間をかけて徐々に進行される。

通常の毛髪は5~8年の成長である。 成長期を持続できる退行期と休止期を経て、毛髪が落ちてしまう。 2〜3カ月後、その場で新しい毛髪が育つ。 このような循環が繰り返される。 女性型脱毛が発生すると、このような通常の循環に問題が生じる。 通常育った髪が抜けた後、その場で育つ新たな毛髪の成長期間が短くなって太さが細くなる。 サイクルが繰り返されるほど成長する期間は、引き続き短くなる。 このため、脱毛が徐々に進行されるものである。

Sさんのように脱毛を知っているジャック前の髪が柔らかくなるのを感じることができる。また、頭の形を作成するとしても頭に力がなく、所望の形状を出すことができない場合が多い。

女性に一般的な貧血や甲状腺疾患、薬物によって脱毛が来ることもある。 しかし、この場合は、典型的な女性型脱毛とは異なっている。 したがって女性型脱毛のか、他の原因による脱毛のかを区別する必要がある。

 

フォンハン頭頂が特徴

男性型脱毛は、毛髪の前額の線が後方に退く。 これに比べて女性型脱毛は前額線はそのまま維持され、通常、頭頂部の毛髪が細くなり、脱毛が生じる。

時折横の髪毛髪にも女性型脱毛が起こる。 しかし、後頭部の毛髪は太く、健康な状態を維持している場合が多い。 他の疾患や薬物のために生じる脱毛では、頭頂部と後頭部、横の髪の全体頭皮から脱毛が進行されているのに比べて、女性型脱毛は頭頂部のみ表示される場合が多い。

女性型脱毛を確認できるが診断法を紹介する。

 

  • 髪の力がなくなる。
  • 髪が細くなる。
  • 頭皮の中が見て見られる。
  • 家族の中で間伐人がいる。
  • 親指と人差し指で髪を100リズム程度保持引いたときに、5リズム以上落ちてしまう。

 

治療薬は、ミノキシジルだけ

現在、医学的に発毛効果が立証された薬品は、二つある。 塗る薬ミノキシジルと食べる薬プロペシア。 しかし、プロペシアは、妊娠時に副作用が現れ、女性は使用できない。 したがって、女性にお勧めできる薬はミノキシジルだけだ。 ミノキシジルは、毛髪の生長サイクルを延長し、毛髪が長く成長するようにする。 また、毛髪を太くしてくれる。 もちろん毎日塗らない不便さがある。 しかし、治療患者の約半分が効果を見ている。

世間では、食べ物やシャンプー、石鹸などの多くの製品に脱毛防止効果があると宣伝する。 しかし、そのような効果は、正確に証明された製品はまだない。

男性型脱毛に施術者の毛髪移植術も女性型脱毛に使用される。 しかし、女性は、通常、頭頂部の髪が少しずつ抜けるので、あえて移植をしていてもよい。 美容的な効果が男性よりも落ちるからである。

 

出産後の脱毛は一時的な現象

3ヶ月前綺麗娘を安産したL氏(30)は、出産してしばらくしてから髪がひどく悪化し薄毛が減った。 娘のために家の中を常にきれいにするために、髪の毛をブラッシング後、また積み重ねであることだった。 最初は、娘のために気にだったが、だんだん時間が経つにつれ、もしかしたらこういうことハゲになるのはないかと思っ心配になった。

出産後の脱毛がひどくなる場合は、通常である。 出産後の脱毛は、女性型脱毛ではない。妊娠時のホルモンの変化が起きて髪の毛が少なくなる。 代わりに出産に遅延れた成長期の毛髪が一度に退行期と休止期に集まる。 結局出産し、2〜4ヶ月が経過すると、妊娠時より2倍多くの量の髪の毛が落ちてしまう。 また、分娩のストレスが毛髪の休止期を変化させて脱毛が起こることもある。

L氏の場合は、出産後の脱毛なので、何の治療せずに経過を見守った。 約4ヶ月が過ぎると、毛髪が正常に戻ってきた。 出産後の脱毛は、このように2〜3ヶ月が経過する前の状態に回復される。